「バストケア」カテゴリーアーカイブ

おばあちゃんの遺伝

おばあちゃんはものすごい巨乳だった。

私の母はどうみてもAカップ。中学生になり自分の体が気になり始めた私は、母の胸を見て、自分もこうなるんだろうとガッカリしたものだ。
しかし母から「おばあちゃんはものすごい巨乳だから大丈夫。あんたはおばあちゃんに顔も体系も似てるから、きっと胸もおばあちゃんに似るよ」と言われ、おおいに期待した。「えー太って見えるしいやだよ」と言いながらも心の中ではガッツポーズしまくっていた。

ルルクシェルのナイトブラはお店で市販されてる?店舗での販売状況や効果などをレポートします!

結局中学生の間はブラジャーをつける必要もないくらい胸は小さいままで
高校生になっても成長せず、女子高だったのでよく巨乳vs貧乳でなにかと対決をしていたのだが私は勝手に貧乳グループに振り分けられていた。

30半ばになった今、私の胸は大きくなるのを待てずにしぼんでしまい、垂れている。1度も脚光を浴びることなく、下を向いてしまっている。

独身の私に対して母は「あんたはそこだけお母さんに似ちゃったんだね…足が太くて短いのはおばあちゃんに似て、胸が小さいのはお母さんに似て…悪いところばっかり遺伝したね…だからなのかな…」と、かなりひどいことを申し訳なさそうに言ってくる。

20代の時は巨乳になりたくて相当悩んだが
30代になると貧乳であることのメリットもかなりあると思えるようになり、自分の胸を受け入れられるようになった。
服で悩む必要がない、走っても揺れない、肩こらない、Bカップ以下の下着はセールになってることが多いのでお金がかからない、ノンワイヤーブラでも対して影響がないので肌にやさしい、など。いくらでもメリットはあるのだ。

若いころの自分には「自分らしさが1番大事だから大丈夫だよ」と励ましてあげたい。

私のバストの悩みは、ぺしゃんこなところです。

私は昔からバストがふくよかということがありませんでした。ルルクシェルのくつろぎ育乳ブラ

民が小学生の時に生理がきているのに私はいつまでたっても来なくって、結局高校生くらいまできませんでしたし、ひとよりもバストのふくらみが少なくてそれでずっと悩んでいたということがありました。なので私はものすごく女性らしさがないということがとてもつらかったです。

特に私は今までバストのことでからかわれたことというのがあって、それがとてもきずついています。

なので私はものすごく繊細なのでいちいちびくびくしたり前を向いていろいろなことがやっていけないということがありました。結局のところいろいろなことが良い方向に進んでいくということが少なくなってしまったので、悪影響になっているのかもしれません。もう少し女性らしさがあったらいいのになと思うことはあります。結局のところ私はもっと自分が女性らしい体形になって生まれ変わりたいと思っているのだと思います。

そんなことが簡単に出来たら悩むということもないと思いますが、やっぱりいろいろと悩みはつきものだと思います。これからもいろいろとバストに対して悩むかもしれませんがその都度前を向いて前向きに考えていきたいと思います。